日本人の国語力は下がったのか?

これは根拠がよくわからない。

相対順位だがPISAでは確かに読解力は低下傾向にあるが、

これを根拠に国語力というのはどうなんだろう。

 

2000年以前の本はとにかく読みにくい。

手書きで執筆してた筆者も多かったろうし、

校正ルールなんかも甘い気がする。

内容の信憑性もかなり脇が甘い。

新聞なんかでも昔の記事は文が下手な気がする。

 

2017/1/30 読売新聞 読解力が危ない1

私は「学力崩壊」を「資本主義と教育の接続装置」として見ている。

以下もそういうバイアスが掛かっている。

 

読売の記事ありがちな教育崩壊を煽る文章。

f:id:tamusa:20170203080903j:plain

エビデンスPISAの読解力順位。

確かに下がっているが推移で見るとどうだろうか。

 

2000 8位
2003 14位
2006 15位
2009 8位
2012 5位
2015 8位

 

以下内容について。

 

>教育長「文章の内容が分からない生徒がいるというのは衝撃的だった」

いつの時代でもあることなので元々知っておくべき。

教育長なのに今さら衝撃を受けていてプロ失格。

 

>音真司氏

音真司でググっても1冊の著書しかでてこない。

「2016年3月まで3つの大学で教鞭を執っていた」なら

大学名くらい出てきそうだが。

内容はSNSと読解力低下を関連付けるもの。根拠不明。

教育ってのはそんな入り口でも参入できる、

しかも新聞のどセンターに登場できるという謎業界なのだ。

ここ重要。

 

 

>高木展郎名誉教授「向上には新聞の社説のような論理構成の文章を書き写し、

自分の意見を書くことが効果的だ。」

いきなり提灯記事

新聞界発信なのだろうが、

社説の書き写しが教育力になるという根強い謎理論がある。

それを教育界に定期的にねじ込むというスキームが存在する。

 

Amazon | 読売新聞 編集手帳 書き写しノート 新装丁版 | 手帳 | 文房具・オフィス用品

  私はこれを「装置」の一部として怪しんで見ているが、

信じ込んでいる先生とかいて厄介。


最後に、根拠に乏しいが個人的意見。

この文章は不自然。

新聞をベースに教育にねじ込んでいく力学は他にも様々感じるが、これは典型。

学力低下に引っ掛けるという手法は20年前(もっとそれ以上?)から

変わっていないようだ。

新聞界のどこかに、中央装置があるのではないか。

と、トンデモになってきたところでおしまい。

 

教育ってのは、舐められているんですよ。

埃っぽいが、叩いたり揺すったりするとカネと権力がコロっと出てきたりする。

そのルートがたくさん設置されている。

定期的に来る成績の良い子=早寝早起きをする子理論

「成績のよい子」は、だいたい何時に寝るのか | 睡眠 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

卵が先か?みたいな理論。

活動時間というのは遺伝等で決まっているような気がするが。

どこまでコントローラブルなものなのだろう?

youtubeという理論に教育がぜんぜん追いつけていない件 

オフィシャルな教育といえば2つの筋があって、

学問としての教育学と学校教育なんだが、

残念なことにこれらの論理は動画というものをうまく扱えてこなかった。

 

これは日本の金をつぎ込みまくったNHK教育のアウトプットを観察したり、

教育現場で動画がどう活用されてきたのかを観察すれば見えてくる。

動画制作から活用含め、運用が先生のセンスに一存されてしまうんだろう。

制作はハードルが下がったもののまだ難しい。

NHK教育は・・・あまり言うとオカルトになりそうだが、

資本主義への配慮があるのかな。 

 

youtubeという民間主導、資本主義主導の論理が10年ちょい前に現れて

教育界は追従すらままならない感じ。

でこの10年、youtubeには教育という役割がドラスティックに掛かっていった。

このあたりアカデミックに研究してる教育学とかあるんかな。

 

個人的に、教師になるならこの動画という最強の教育手段を

制作のボトムから極めていきたい。

 

じゃあyoutuberにでもなるのか?

なろうと思う。子供騙し一発動画とかはもういいと思ってるが、

そうじゃなくてなんかこう何十年も耐用年数のあるような

ひたすら硬質な論理があるはず。それを見つけだしたい。

2017年の目標

①TOEIC900を超える

2016/3の時点で895だった。何回か受ければ超えるんだろうけど、安定的に900取れればと思う。仕事に重点を置いていて勉強はあまりできていない。

 

②教員免許を取る

中高英語は3月に取得ほぼ確実。半年で情報を取りたい。

 

③仕事で強気にいく

去年はお金をもっと入れるべき場面が多かった。今年は投資額を増やしてみたい。

 

④動画を取る

教育の手段として動画を撮りためたい。これについては別の記事で。

non-24と睡眠25時間周期説、睡眠25時間周期はウソ説

non-24ってのは要は起床時間が25時間。(自分の場合。人によって違う。)

困ったことに、睡眠は25時間周期っていう説が一時期流行った。

25時間周期は間違いだったとか混乱状況になっているのが現在。

 

問題はnon-24の当事者。

この説の普及のおかげで、non-24は甘えと化す。

25時間の周期なのに、24時間で寝る努力を放棄した人みたいになった。

 

実際はnon-24の人は相当少ないから、

そういう事情があることすら全く知られていない。

それが現状。

「早寝早起き朝ごはん」活動と睡眠障害

早寝早起き朝ごはんというのは文科省が推奨している活動。

「早寝早起き朝ごはん」国民運動の推進について:文部科学省

 

早寝早起き朝ごはんの習慣がある子は、

学問的エビデンスで態度成績が良いとかからだと思う。

 

経験上だが、睡眠ってのは習慣というより遺伝の従属。

で、朝食の習慣もその筋ではないか。

そしてややこしいことに、これらはある程度

社会的要請で矯正可能。 

あくまで可塑性であることがポイント。

歪みが残る。

 

早寝早起き朝ごはん」とか思考停止的にマスでやると、

遅寝、遅起き、朝ごはん無し、これらは悪になり、攻撃対象と化す。

そして副次的に、遅起きは生活習慣の乱れ、心の乱れ、生活の崩壊、

とかなるだろう。

学術データみたいなお墨付きで、

副次的形式で持ち込まれる。最悪。

 

私のように、困っている人間もいるのだ。

non-24とかはかなりレアな症状だから、

当然社会的に考慮されない。

社会からの攻撃を避けながら生きるような暮らしになる。

こういう孤立の危機に、どこかで悩んでいる子供がいるだろうな。

私も昔そうだった。