読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相性が悪いタイプ

 基本的に相性が悪いのが、非合理系の人。

非合理系の人にはいくつかのパターンがあって、

知識能力不足+プライドの固着パターンと、人脈や育ちパターンなどがある。

 

前者は落ち着くところに落ち着く。が、それまでのコストが問題。

子供みたいに喧嘩するのは最悪。初手を間違わないこと。

ここ数年でいくつか遭遇したケースがあった。

いずれも相手にプライド、抑圧、嫉妬が見えた。

あれはどうすればよかったかな。

落ち着くところに落ち着いたが、コストが掛かった。

初手でなにか感づいた時、もっと距離をとれば良かったのかもしれない。

 

これから問題となるのが後者。

ざっくりした言い方になるが、学校体制側的な考えをする人のケースに2つ遭遇した。

短期、中期だったので問題なくコミュニケートしたが、長期だとどうなるかわからない。

 

公教育リベラルの限界がどこにあるのか、これから探っていかなければならない。

しかも仕事なので、エラーの範囲に条件がある。

新しい言語の必要性に迫られている。