読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大川小学校の件での学校否定派のリアクション傾向

大川小学校の悲劇の焦点は、「山に向かわなかった理由。」

※追記:裁判の争点は「津波の予見性」

ここに全てが掛かってるのだが、

現段階の結論では不明。

(山側は崩落などの危険性、川津波の危険性があった。)

 

ネットの議論ではこの焦点を留保できず、

結論を急ぐ傾向がある。

教育行政への不信でここに粗い理由付けをする傾向あり。

 日常的不満感情の反映が多い。

 

この層は結果論を読み替える人が多い。

結果論の箇所では、怒りのドライブによって

無意識による理論が構築がされてしまいやすい。

リアルタイム視点で状況を想定すること、

これには思考負荷が掛かる。

現在視点に流れやすい。

 

学校不信は過去の教育行政の失敗から来るものが多い。

特に「隠蔽」は絶対やってはいけない。

メモを捨てた件があるが、

これは致命的なのだろう。

現場感覚では気軽にやってしまいやすい性質のものか。

 

県・教委ではなく「学校・教師を断罪!!」なのは、まだ不明。

今後の説明が欲しい。

過去の具体的学校体験から来るところもありそう。

教委の失敗などは、学校への怒りへと無意識にシフトしやすい。

教育行政=学校・教師と繋ぐ人は意外と多い。