読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校・先生を断罪!!の続き

「学校・先生を断罪!!」は、

よくある「自治体や教委」を「学校や教員」と

言ってしまう類のものかと思っていた。

原告の口調を見ていると、どうもちがうようだ。

 

市の「控訴」に市議会も了承 大川小津波訴訟(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

>「(子どもを)守ることのできなかった先生たちの名誉の方が大事なんだ。

>これがきょう、はっきりしました。議員たちには失望しました」

 

かなり引っかかる。

なぜ「先生」なのか?

最近この件を調べていて疲弊しているが

もう少し力を注ぎたい。

 

<大川小訴訟>宮城知事も控訴表明 | 河北新報オンラインニュース

>村井知事は定例記者会見で、

>「判決では津波予見可能性など主張が受け入れられなかった部分がある。

>その場にいた教員を一方的に断罪するのは納得できない」と述べた。

 

断罪というワードは横断幕を意識してだろうか?

 

遺族を扇動している人物はいないだろうか?

誰も得しないような発言が多いように思う。