読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大川小の件と、教員に対する市民に蓄積したヘイト

大川小裁判のネットのリアクションをずっと見ている。

双方ともにカネ観を主軸に論理構築する人多し。

心情的にカネは思うことがあるのだろう。

それに準ずるもので、公務員に対する憎しみからの人も多い。

 

教員になるとして、これからどうすればいいか。

ここでカネ(給料)は難しいから置いといて、

教員が市民に与えるヘイトを減らすことだろう。

一昔前では、市民にヘイトを溜めさせるような

教員の行動が是とされていた。

 

当時はどこの業界もそうだっただろうが。

派閥が強く、協力姿勢が取りにくかった。

 

現在、昔のようなヘイトを与える構造は縮小してきている。

だが残っているところは多いはず。部活とか特に。

 

教員のヘイトを溜めさせる行動は社会的に非難されるべき。

 

また資本主義には官民の間に入り込み、

対立を煽って金儲けするやり方もそう。

ビジネス上損失となるよう社会が非難するべき。