読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

籠池問題の本質を自分視点から

ほとんど政治分野なのだが、

これは手続きの複雑さにあると思う。

 

教育の根本問題として、手続きが複雑になりやすいという脆弱性がある。

その柱は教育は地方自治を是とするものだから。

 

地方自治はシステム設計視点で見ると効率が悪い。

共通化できるモジュールがたくさんある。

なのに共通化しない。

共通化は風通しをよくする。

 

教育業界には、モジュールの亜種みたいなのが

大量に出現してそれぞれが独立している。

 

これをやると外部から監視が効かない

大量の独立モジュールという砦があちこちにできる。

表面的には金と雇用が生まれるので、

砦の主達はモジュールの独立性をなんとかして高めようとする。

 

こういう志向で、地方自治の本旨とか教育の政治的中立とか

そのへんのキーワードが出てきてるとかなりヤバイ。