菌扱いについて

いじめ記した君、生きて欲しかった ミュージシャンにメール残し、高校生は命を絶った:朝日新聞デジタル

 

なぜ子供は「菌」概念を持ち、のけ者を作るのだろうか。

 

私も子供の頃、こういう菌の考えを持っていた。

触ったら「伝染る」とか、ミー、バリアとかそういうの。

地球全体バリアとか毎日言ってた。

 

あれはなんだったんだろう。

 

「触られる」ことにすごく敏感だった。

疎外した相手から触られると、

本当に何かが伝染ったような気がした。

 

ミー、バリアも難しい。

これらの意味は、要は「無敵」ということ。

 

安全地帯への欲求が発露するのだと思う。

「安全に包摂されたい」感覚があった。

 

誰かを疎外することで安心感を得ていたのか。

 

子供は内的に、異種性への恐怖を持っているようだ。

DNAが獲得した生存戦略だろうか。

 

子供特有の、なんらかの未分化感情と言えそう。

 

個人ブログなので突っ込んで言うが、

私個人、当時の感覚を思い出せば

障害者に対し、こうした差別意識を強く感じていた。

  

特に物理的に「触る」ことに恐怖を抱いていた。

 

年と共に異種性への恐怖は消える。

 

私も、大人になると菌扱いしたがる感覚や

差別意識は消えていった。

 

現在、私は極端に差別意識が「無い」タイプの人間である。

 

だが、残念なことに

差別意識がそのまま固着する大人は多い。 

 

昔勉強した教育心理学の一般的な教科書には

こういうテーマについては書かれていなかったな。