フェミと教育

ironna.jp

 

ろくでなし子の意見。

彼女は常に別視点だから

話がややこしくなるのだが、

解りやすくなったりもする。

 

記事の問題だが、まとめて言うと

ネトフェミってのは

要は、「男へのトラウマ」のリアクションから

話が始まっている。

 

だから思想の内的なドライブは

「男性性の否定」に軸を持つ。

 

そこに軸があるから、

学問なり、フェミ著名人なり、

そういうので理論や権威を後付けしても

あくまで道具でしかないため、

ポロポロと剥がれ落ちる。

 

だからコンセンサスを伴った基礎論理を持たない。

「結果的に多数派」

という事実によってコンセンサス形成している。

「男へのトラウマ」のリアクションが

 その多数派の主軸ということ。

 

学問とか歴史研究とか

色々あるけど

結局「実需」の軸はそこなのだ。

 

これはミソジニストにも同様に当てはまる。

 

さて、この内部構造は迷路になっている。

 

①トラウマからのリアクションが衝動のドライブを生む

②ネットで騒いで衝動のガス抜き

以下ループ。

 

 

出口は1つ。

「異性に愛される」という

成功体験の積み重ねにだけに出口がある。

 

①と②はどんどん異性を遠ざける。

迷路の奥にはまり、

出口の光が霞んでいく。

 

ここから教育について。

 

彼ら彼女らは

ゾンビ的に布教活動をやる。

誘い込んだ成功体験が

トラウマの傷を舐めるから。

 

この構造に子供を近づけるべきでない。

怖い話だが、

この迷路に子供を引きずりこんでも

犯罪にならない。

 

例えば毒親ってのは

このゾンビスキームで

子供を道連れにすることを試みる。

それが彼ら彼女らの癒やしだから。

 

我々はゾンビ化した

ミソジニーミサンドリー達から

次の世代を守らなければならない。

持続可能な社会のために。

 

それは我々が大人として

愛をどれだけ語れるか、

という文学的な問題だろう。

 

性愛を含めて、

私はどれだけ社会に向けて

愛を語ることができるか。