缶蹴りとイジメ

家の近くで子供が遊んでいた。

高鬼やろうとか言ってて、

そんなのもあったなと。

 

あれって永パ入ってゲーム成立しないのでは、と思ったが

ググると無敵時間はカウント制とのこと。

ああ、そうだった。

 

今の子供がやるのかは解らないが、

缶蹴りについて。

 

全員を捕獲とかまず無理。

複数攻撃とか、

微妙な判定でも缶を蹴り飛ばすとか、

とにかく蹴る側が有利。

 

鬼が缶を離れて人を探しに行くのもリスクが大きい。

鬼が複数いればまだマシなのだが。

うちの地域では鬼は基本的に1人だった。 

 

鬼にとっては無理ゲー。

 

缶蹴りの本質は、イジメ遊びだ。

 

最初のジャンケンでの鬼決めで

イジメの空気が流れ始める。

 

いわゆる陰キャが鬼になることを期待されていて、

リンチが始まるあの感覚を共有し出す。

  

蹴る側は徒党を組んでいるので、

自分たちに有利なように空気を持っていく。

その中でルールを細かく破る。

数の論理で無理筋を通す。 

 

鬼を追い詰めて得られる連帯感、

他では代替できない快感だ。

 

最も、缶蹴りはこうなるのを皆解っていたから

遊びとしては人気が無かった。

 

誰かがやろうと言い出して、

流れでそうなっていくあの不穏な空気は忘れられない。

 

快感を得たい一方で、倫理観もあった。

リンチを止める者が出てくる。

あの弱者救済感覚は、

社会システムに通じるところがある。

 

人間にはそういう共栄精神が根底にあるのだろう。

 

ただ個人差が大きく、

徹底的にイジメ抜く主義の者も結構いた。

 

子供の世界はえげつない。

缶蹴りで泣いた友達を何人も見た。

 

あの弱者救済意識の個人差はなんなんだろう。

家の裕福さとかと相関あるのか。

 

センター試験の国語で2009年に缶蹴りの内容が出題されたが、

的外れだなと思った。

 

管理社会側の鬼に蹴りをいれる、という要旨。

 

真逆。

 

この栗原彬という作者、やったことあるのか。

どう考えても、蹴る側=管理社会側だ。

 

管理社会に迷い込んだ弱者(鬼)を

集団で蹴り飛ばす。

 

弱者をボコってリンチを楽しむ。

缶蹴りはそういう遊び。

 

まあ缶蹴りもルールで全く違う遊びに変わるんだけど。

鬼の数を増やすとか、

3回缶を蹴ったら鬼交代とか。

 

社会も同じ。

ルールというのは大切なのだな。

菌扱いについて

いじめ記した君、生きて欲しかった ミュージシャンにメール残し、高校生は命を絶った:朝日新聞デジタル

 

なぜ子供は「菌」概念を持ち、のけ者を作るのだろうか。

 

私も子供の頃、こういう菌の考えを持っていた。

触ったら「伝染る」とか、ミー、バリアとかそういうの。

地球全体バリアとか毎日言ってた。

 

あれはなんだったんだろう。

 

「触られる」ことにすごく敏感だった。

疎外した相手から触られると、

本当に何かが伝染ったような気がした。

 

ミー、バリアも難しい。

要は無敵ということなのだが、

安全地帯への欲求みたいなことだろうか。

「安全に包摂されたい」感覚があった。

 

誰かを疎外することで安心感を得ていたのか?

もっと、内的な異種性への恐怖があったと思うが。

DNAが獲得した生存戦略なのだろうか。

 

大人になると菌扱いしたがる感覚が消えた。

子供特有の、なんらかの未分化感情と言えそう。

教育心理学とかこういうテーマについては書かれていないな。

飛び降り自殺、キャッチの無謀さ

救命:4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが - 毎日新聞

 

こうした話は感情論で世論が動く。

現場も同じ。

きちんと社会の誰かが否定しないと。

毎日の見出しに「救命」なんて書いてあるが、冗談じゃない。 

 

飛び降りと受け止めというシチュエーションは

世界各地で一定発生している。

高い確率で受け止める側が死亡する。

 

今回の事件も、ドラマチックな内容から

色んなメディアで流れて

ネットは美談として反応が起きている。

 

私は違うと思う。

一定の起こりうる事態であり、

受ける側が死亡する可能性が高いのなら、

ちゃんと「受け止めるべきでない」と社会が警告すべきだ。

メディアはそういう報道姿勢は採っていない。

 

飛び降りが普通に動画で上がる時代になったが、

受け止めるのは無謀である。

 

落下エネルギーは飛び降りる高度に寄るのだろうが、

こんなもん人間が計算できる訳がない。

人は動体のエネルギーを過小評価する

  

閲覧注意。いかに無謀かが解る。

https://www.youtube.com/watch?v=MCoVY1I6M2A

考えるポイントは「計算が狂う」という部分だ。

人ほどの重量を受け止められると脳は誤認してしまう。

昔の教育は選抜、今の教育は全数救済

昔の教育ってのは、選抜主義。

精神論でぶっこんで行って、ダメならダメ、

生存したならオーケーみたいな。

 

今は違う。全員を救済するという前提。

 

発達障害の診断の増加とかこういう筋の話。

体罰論とかも。

前提が遷移してるから基準も遷移する。

 

昔の選抜主義で、ダメだった人はどうなったか?

 

戦前は命を落とすことなんてザラだった。

だから昔の人ってのは、命がけの精神論を持っている。

 

戦後の昭和の負け組はどうか?

死ぬことは激減した。

で、ちゃんと社会のどこかで生存している。

 

教育論で考えたときに

そういう生き方って、失敗とかいう話ではないよな。

 

全数救済の純度が高まっていく。

ネットにそういう影響は今後表出していくのかも。

ほにゃらら問題

「〇〇に当てはまる言葉を選べ。」

 

教育では〇〇、△△、「 」、__など

穴埋めがしょっちゅう出てくる。

 

これは「なになに」とか「ほにゃらら」とか言われてたりする。

英語だとblablabla、blank。

 

これは日本語の欠陥である気がする。

「ほにゃらら」という言葉自体長くて言いにくくピンと来ない。

「なになに」のほうが汎用的だろうか。

 

( )「 」などカッコ系は「かっこ」で良いだろう。

〇〇なら「まるまる」と読めるが、これはイマイチ。

__に至っては簡単な読み方が存在しない。

アンダーラインとかアンダーバーとかになってしまう。

読まない、という方法も一応ある。

 

上記がどう問題なのか、詳細の説明は割愛するが

教育界あげて解決してほしいものだ。

このブログの理念、市民の野良情報の力について

この弱小ブログにも一応、社会的理念がある。

少しでもいいから事実に基づいた情報をウェブに送り出すことだ。

 

市民のそうした力の結集は、少しずつ社会を変える。

 

日本語のウェブには、そうした市民の野良情報が多く集まっている。

そうした力が社会をリアルな部分で下支えしている。

これはfinalvent氏という私の心の師から学んだ。

 

だが教育というジャンルはあまり金にならず、

野良ブログに情報を上げてもマネタイズは難しい。

金が動きにくいジャンルはやっぱ情報の動きが鈍い。

  

ネトウヨネトサヨはこういう方向で活動してくれればな。

社会は一気に動き出すぞ。

 

教育家として尾崎豊をどう総括するか

中学生ぐらいのころ尾崎豊をよく聞いた。

オッサンになって尾崎をどう総括するか。

 

ボロボロだった後期が重要なのだが、

後期の尾崎はウケが悪い。

死後のマネジメント方針もあり、情報が表に出てこない。

 

昔は金も情報も無く、どの資料に当たるべきかも解らなかったが

今なら簡単だ。信用できる筋の資料は、

尾崎夫人、兄、大楽氏(最後のマネージャー)の3人の本だ。 

 

そういうのを軸に読み解くと、

尾崎豊というイメージは変わる。

一般的認知である「十代の教祖」とか言うのは

前期2年ほどのメディア戦略に過ぎない。

尾崎はこれの脱却に必死だった。

 

メディアによる美化を避け、どう総括するか。

私の総括では、尾崎豊は「ボロボロの生活と格闘し続けた人」である。

 

といえばかっこいいのだが、

言ってしまえば人が失敗する典型的な落とし穴に

片っ端からハマって行った人だ。 

 

小中高時代の不登校や停学退学といった学校トラブル、

覚せい剤で逮捕、このあたりは有名。

 

しかしこれは表面的なネガティブ情報だ。

死後のマネジメントによって、

出すことを「許可」された情報である。

 

ボロボロの尾崎こそを、

今生き続けている我々は1つ1つ総括し、

自らの血肉に変える必要があると思う。

 

個人的にはそういう尾崎豊のファンでもあるし。 

 

未だ脈々と若い世代が曲を聞いているが、

私が教育家として、オッサンとして、

若いファンに伝えたいのはそういうことだ。

  

では、なにがボロボロだったか。

 

 

1.人間関係

尾崎は人間関係で苦しんだ。

特に後期はかなりの人脈を失っていた。 

 

尾崎がむやみに切っていったのもあるし、

愛想を尽かされたのもある。

 

酒、女、薬物、病気、仕事での失敗など、

全てが絡む。

 

そういう1つ1つの失敗から

人は人間関係を失い、

失敗の連鎖にハマっていく。

 

大人は若い人になぜ人間関係で失敗が起きるか、

ちゃんと教える必要がある。

しかし複雑でどう伝えていけばいいか難しい。

 

重要なのは、1つ1つしっかり原因を分けて考えていくことだ。

 

2.酒

失敗人生のテンプレである。

ここはメディアによってかなり美化されている。

 

酒癖の悪さは美化されてしまう。

一方で、周辺の人間には致命的に迷惑が掛かる。 

これが人間関係を蝕んでいく。

 

3.女

これも失敗のテンプレ。

尾崎は最後まで繁美夫人と不安定なままだった。

 

数度の不倫もやっていて、常に離婚の危機があった。

 

大人の話だから当然、

弁護士とか裁判とか補償金という話が続いていた。

 

4.薬物

アメリカで覚えたという説が根強い。

また日本の音楽業界に、薬物汚染された人間関係があったようだ。

逮捕は88年。

 

うまく薬物を断ち切ることは出来なかったようだ。

解っているだけで、逮捕後にも2度使用している。

 

1度目は逮捕の約半年後。ライブの数日前。

繁美夫人の本に記載がある。88年。

2度目は検死時の大量の覚せい剤反応。これが92年。

 

2度目は量から考えて、

嗜好ではなく自殺目的であった可能性が高い。

所持していたのは事実だろうから、違法である。 

 

88年~92年の間に使用していたかは解らない。

兄や繁美夫人の本では否定的だ。

大楽氏は疑っていたことを本に書いている。

 

 

5.法律、権利関係 

原盤権や所属事務所といった権利関係。

あの時代のアーティストは、これでかなり失敗している。

尾崎も泥沼にハマり尽くした。

 

これに加えてソニーからの移籍と出戻りという

業界慣習を大幅に逸脱した契約トラブルがあった。

 

ここで磨り減った創作力は相当なものだったと予想する。

 

初期は仕方ないが、中期や後期のトラブルは

しっかりした人間関係があれば回避できたと考えられる。

 

晩年に事務所を立ち上げたはいいが、

手続きに無茶苦茶な点が多い。

 

ジャスラックの会員登録の不手際、

大楽氏の退職金に関してのノリ一発としか思えないような契約、

他にも多数。

 

これは、法律、契約に関するプロのアドバイザーが

尾崎についていなかったことを示している。

 

尾崎の死後にも失敗があったと考えられる。

相続自体はスムーズに行われたが

その後のマネジメントでいくつかトラブルが起こっている。

 

尾崎豊が一番嫌うのは「商品化」だと尾崎兄の本にあった。

そういう筋の人間が結果的にマネジメントを引き継ぎ、

悪徳小出し商法を展開している。

 

6.病気

かなり通院歴があったようだ。

 

睡眠薬の処方量は上限いっぱいいっぱいで、

親にまで詐病で通院させて薬を余分に入手していたとか。

 

どの類の薬かは、私はこの領域詳しくないので解らないが

睡眠薬とか内臓疾患系とか書かれている。

周りの人達が把握しきれない量だった。

 

診断結果などは流出していないと思うのでよく解らない。

 

統失とかの精神疾患もあったのではないか。

繁美夫人の本を読むとそうとしか思えない。

ワケの解らない行動を取り続ける尾崎に

繁美夫人は相当消耗していた。

 

安定剤系の薬も常用していたのかは解らないが、

本に出てくる薬の量から推測しても、

睡眠薬と内臓の薬だけではなさそう。

 

20歳そこそこだったし、尾崎は先天的に

内因性の精神疾患リスクを抱えていたのかもしれない。

 

統失っぽい症状は仕事や人間関係に

強い悪影響を与えていたようで、

この点はかなり不幸だと感じる。

 

境界性パーソナリティ障害の説もネットで散見される。

そうなのかもしれない。

 

7.金

尾崎が金に困っていた話はいくつかでてくる。

不倫と離婚の賠償金問題など。

契約の関係で、初期の稼ぎは事務所等に大分持ってかれていた。

 

しかしまだ若かったので、稼働できる年数はたっぷりあった。

金が無い時期がいくつかあったと言っても、

中年のオッサンが金に困るようなのとは性質が異なる。

 

問題だったのは金の使い方だろう。

若いので仕方ないが、あるだけ使ってしまう傾向があったようだ。

 

学ぶ場所も無かったのではないか。

本には金の浪費癖という意外な一面が多く書かれている。

 

一方で多くの人が人生を潰すきっかけとなるギャンブルだが、

これには手を出さなかったらしい。

尾崎はギャンブルが嫌いだったようだ。

  

8.ファンとしての批判と、尾崎豊が掴めなかったもの

 

尾崎は上記に挙げたような失敗を積み重ねた。

尾崎に足りなかったものだ。

まとめて言うなら、尾崎は「地に足の着いた生活力」が足りなかった。

これが尾崎豊が掴めなかったものだと、私は総括している。

 

私はオッサンになって、人生で万人がつまずくような

ポイントを沢山知った。

こうした罠を超えていく力こそが、「地に足の着いた生活力」だ。

若い人にそう伝えたい。

 

人間関係は全ての起点であると知る。人間関係は万能薬だ。

金、酒、女(女なら男)との付き合い方を

失敗しながら着実に学んでいく。

法律は難しいが、年数を掛けて少しずつ生活から学ぶ。

持病とどう向き合っていくか、落とし所を探っていく。

家の中をきちんと整理することも大切だ。

尾崎の部屋はいつも荒れ果てていた。

細かい家事力は生活に強い影響を与える。

 

「地に足の着いた生活力」とはこういうことだ。

 

尾崎はショートカットしたがる傾向があった。

「愛なら救えるかもしれない」というのは安易だ。

愛はすぐに摩耗してしまう。

最後期に人間関係を失っていった結果として、

ファンを6人も従業員として雇っていたのもおかしい。

ドラッグ、また薬物療法依存もショートカット傾向だし、

金の使い方にもショートカット傾向がある。

 

と色々あるが、これらは若いと仕方ない部分もある。

重要なのは、失敗のステップを着実に踏み込んでいくことだ。

尾崎は若くしてスターになったことが

ステップを飛ばす原因となった節がある。

結果、重層的に生活不全が積み上がっていき、

人間関係が根底から蝕まれ、

八方塞がりに陥って自らの生命力をすり潰していった。

 

失敗からきちんと人生を一歩ずつ学ぶ。

それが「地に足の着いた生活力」だ。

 

細かな生活力が人生を左右する。

人生とはそうした細かい場面の繰り返しである。

画にならない地味な生活力を少しずつ学べ。